プロ用ではなく一般の方、特にビギナーが撮影だけでなくその後の編集をどうするか?という映像編集のブログ。
編集ソフトは色々ありますが、Windows、Macのどちらを持っている方でも対応が可能ということで
Premiere Proを中心にパソコン本体についてなども書いていきます。
また、撮影機材やワークショップのことなど、そして、インターネット用の動画というテレビとは違う
格安で手軽に作る動画のことなども書いていこうと思っています。

2012年8月31日金曜日

ワークステーションとノート

映像制作をする上でワークステーションを選べば当然のことながら作業は快適になります。

たとえばCPUなんかどう考えても8コアのXeon、しかもそれが2つも載っていればすごいですし、Quadroのハイスペックが搭載されていれば3Dも楽々。

それらの値段もノートPC同様に昔よりは安価になってきていて国内メーカーのノートを買う価格でDELLやLenovoのワークステーションに手を出すことが不可能なものでもなくなりつつあるのも事実。でも、一般に勧めるものなのか?と考えると、映像制作以外では完全なまでにオーバースペックですので勧めるも何も。

実際に映像でお金をもらう、要するにプロとして発注を受ける場合にでもそこまでなくともどうにでもできることが多いので自分も最初に買ったDELL以降、ワークステーションというカテゴリに入るPCを購入していません。

Premiere Proの場合、Mercury Playback Engineというのを使うためにCUDAが必要でというのは以前書きましたが、After Efectsを使わないのであればQuadroである必要はほぼないですし、Core i7でも仕事になります。

ただ、Premiere Proを使うと言ってもプロの映像制作でも内容は様々で、自分の場合はということになります。

先日、一般の方に相談を受けて普通のノートPCを各社の中から選び、結果それを購入したということがありましたが、その延長線上に動画編集を持ってくると考えると、ノートPCでできるというのは大事な目安になります。

そもそも、一般の方が普通にPCを使うのに比べて年間どれだけの時間を編集に当てるのか?と考えたら、月に1度でも多すぎるだろうとも思います。

子供の誕生日や運動会、お店のPRを自らネットでやってみる、そういうのを最小限のストレスでこなせるPCを探すということを今しているのですが、ある意味、本業と逆行することなので色々と悩みます。

ついでに言えば、ノートの場合は編集作業によって寿命が結果短くなるってことも十分考えられるのですが、そういう使い方をした結果、どれだけ消耗が早くなるか何てことも正確にわかりませんし、よくレビューであるベンチマークテストの結果なんかも、それを比較して少しでも数値が良いものを選ぶことは可能ですが、そういうテストを自身で繰り返している人たちならわかるものであったとしても、個々の数値を実際の体感として置き換えて考えるなんてこは事前にできるものではなく。

という中で自分自身でいくつかの機材を試してみてレビューをしていこうと準備してきましたが、編集用メイン以外はMacbook AirとMac mini、それとあまり部材で作ったCore 2 Duoしかないので、どれでやるのが良いのか迷ったりしていました。

あわせてソフトの選定もということでその組み合わせと考えると何通りもあり、全部を試すのはさすがに時間的には難しいところ。 で、あれやこれやでようやく組み合わせを決めました。が、これもまた変わることになるかも?ですが。。。

とりあえず、Mac miniがデスクトップではありつつノートのスペックと変わらないものなので、それに各種ソフトを入れて実験台としていこうと。

CPU Core i7 2635QM(4コア)
グラフィック Intel HDグラフィックス3000
OS BootcampにてWindows7 Professional
SSD 256GB

という環境で基本Windows扱いとして実験していくことにします。というのも先日Premiere Elements9がOSX 10.7 Lionで不具合があるということが判明し、さらに現状ではMountain Lionにしてしまったので。

ソフトとしてはVideoStudioやPowerDirectorなども含めPremiere Proまで使う予定。 VideoStudioとPowerDirectorはCore 2 DuoのPCで実験もしてみましたが、それでも一応編集できたのでMac miniであれば問題なく動くと思います。

2012年8月28日火曜日

Mac mini Server 2011改造

Mac mini 2011 ServerをSSD256GB1台のみの搭載にして使っていますが、実に快適です。

CPUが4コアのCore i7だということもありますが、特にBootcampでSSDが有用だと感じます。

再起動でのOS切り替えもSSDの早さだと苦になることもなく。まあ、もともと使うソフトによって使い分けているのでそんな頻繁に切り替えることはないですが。

OSはMountain Lionにしましたが、SSD化してしまったので早さは以前との比較が実質的には不能。とりあえず不具合はなく早いです。

これまではWindows、Mac両方のバックアップとしてリビングPC扱いでテレビにつなげてただけですが、CPUがある程度のものなので簡易的な編集ならば問題ないぐらいですし、今後、このMac miniの使い方をちょっと考えて、もう少し出番を増やしてやろうかなと思います。

とりあえずは、リモートデスクトップとかでWindowsのメインPCから操作できるように実験して、テレビじゃやりにくい編集を本体を移動させないままWindowsでコントロールして使えるかどうか、そこら辺からやってみようかと。

まあ、動画はネットワーク経由だと転送の問題で苦しいだろうなとは思いつつ、本体での処理そのものは悪くはないでしょうし、どんな結果になるのか、遊び半分でやってみたいなと思います。




2012年8月24日金曜日

MSI Afterburner(アフターバーナー)

自分が使っているグラフィックカードはMSIというメーカーのもので、MSIが提供している無料のソフトであるAfterburnerでオーバークロックやファンの回転などをコントロールすることができます。

自分では試していないので絶対とは言えませんが、このソフトは他社製品に対しても動くということをネットでは見ましたので、別のメーカーのものを使っている方でも無料なので試してみて損はないかと思います。

オーバークロックなどは自分には不要なのですが、ファンのコントロールは非常に重宝しています。

PC立ち上げと同時にAfterburnerを起動させるように設定することもできるのですが、自分は編集など負荷を掛ける作業のときにのみ起動します。

このソフトを使わないでプリセットのファンスピードである時との温度差は10度近くあり、グラフィックカードが冷却されることによって、結果ケース内部の温度が下がるのでCPUなど他のものの温度も下がります。

左側がの写真がソフトを立ち上げたときの画面で、右側がファンコントロールなど詳細の設定画面です。

ファンコントロールの設定は簡単で、折れ線グラフをクリックして何度のときに何%の回転というのを設定すれば良いだけ。

全部で8つのポイントが設定できるようですが、自分は編集のときのみなので複雑にはなっておらず、普通よりも回転数がやたら高いというだけです。

ファンの回転を上げれば当然ノイズは増えますがヘッドフォンして編集しているので全く気にならず。もちろん、ノイズが増えたとて他の部屋に聞こえるような轟音だということもないので、静音PCというものにこだわらないならば問題ないかと。

全部で5つのパターンをPlofileとして残せるようですが、それも自分は使い切ることもなく夏用、冬用として2パターンにしてあります。

ファンコントロールに限らずオーバークロックの設定もしやすいらしいですが、自分はやってません。ゲームなどをやる人がたぶんレビューなどを上げているのではないかと思います。

2012年8月19日日曜日

Mac mini 2010/2011の分解と改造2

やはり、2010と2011でMac miniの基盤は違いました。

形状は全く同じなのですが、光学ドライブを載せる想定となっている2010の方がコンデンサなどの部品が光学ドライブの上の位置までは付いておらず、2011の方は干渉してしまう位置にありました。

つまり、光学ドライブを外さない限りは2011の基盤を2010のボディに入れることはできないということで、光学ドライブとCore i7の共存は不可能ということ。

だったら元の構成のままにすればとも思いましたが、Core 2の基盤をドライブ2台という方はすんなりと入っているので、そのままにして光学ドライブを外してしまい外付けにすることにしました。

しかし、それだけでも完全に干渉を回避することはできず、やむを得ず光学ドライブ用マウントの一部をニッパーで切ることに。これで完全に余裕で入ります。

前向きに言うならば、動画編集などである程度熱を持つという前提で考えれば、キツキツに入っているMac miniにゆとりのスペースができるというのは良いこと。さらに言えば、SSDにするつもりなので発熱はHDDよりも若干は良いものと思われます。

ということで、どうせMac book Airでも外付けは使いますし、Logitecの古いやつはUSBだけでは動かないでかいやつなので、スリム光学ドライブ用ケースを買ってそれに入れて使うことにしました。

が、ここで一点問題が。スロットインのベゼルがないので、そのままケースに入れただけではあまりに不恰好な状態になってしまうということ。ネットでベゼルを探しましたが見つからず、ようやく発見したのはYahooオークション。

で、先ほど落札しました。

実は自分は今回がYahooオークション初体験で、イマイチ段取りとかわかりませんでしたが、有料会員にならずとも4999円までのものなら入札可能で、今回のベゼルは900円スタートで即決が1000円。嬉しいことに自分以外競合もなく、900円で落札できました。送料も80円ということで1000円弱で片付いて何より。

出品者の方からのメールも丁寧で良い感じです。

ベゼル獲得の安心を持って外付け用ケースはAmazonで下記のものを購入。レビューでWindows7でもMac OSX Lionでも動いているそうなので問題はなさそうですし。
新品価格
¥1,780から
(2012/8/19 23:42時点)

これで内蔵スロットインスリムドライブもきちんと活躍させることができます。

後日、2011の基盤と2010の光学ドライブとの干渉に関しては写真で説明しようと思います。

※前回も書きましたが、このような分解改造は完全に保障を捨てるという自己責任の話です

2012年8月18日土曜日

Mac mini 2010/2011の分解と改造

会社でファイルサーバーを作ろうと思いMac mini Serverを中古で探してました。安くしたかったというのもあって自分が持っているCore 2世代のでも十分だろうと考えていたのですが、現行のCore i7の4コアのものが16GBのメモリに増設された状態で7万円台で売っているのを発見して予定を変更しました。

グラフィックはIntel HD Graphics 3000ではありますが、4コアというのは非常に魅力。このMac mini 搭載のCore i7 2630QMは最大で2.9MHzというクロックでもあるので、ある程度の動画編集も可能。

じゃあ、持っているCore 2 Duoの方をサーバーOSをインストールしてサーバーの方のサーバー機能をオフにして使えば良いじゃないかということなんですが、それでは用途として足りなくなることがあります。何かといえばサーバーとしての2台のHDDを積めない場合の容量です。まあ、それも加工次第でどうにかなりそうなものですが、あまりいじりたくはないので安全策としてそうしようと。

ということで、ちょっと入り組みますが以下の交換を行いました。

※分解、改造などは言うまでもなく保障を捨てるということです
※もし興味を持って真似をというときは完全に自己責任でお願いします
※自分の場合、Mac mini Mid 2010はすでに保障期間切れ、Server 2011は中古品で1ヶ月保障程度なので保障など関係ないとこからはじめてます

Mac mini 2010の基盤を2011のボディーに入れる。それに伴ってHDDは丸ごと2011の方の2台を2010に載せる。逆に2011のCore i7の基盤を光学ドライブスロットの穴が開いている2010に入れてDVDを残してHDD1台を搭載。

それだけであればそう難しくないという感じがしますが、実際には結構面倒です。たとえばOSですが、Macの場合、本体発売以前のOSでは立ち上がらないということがあるので、HDDを単に入れ替えた場合、Lion ServerのHDDを入れた2010はすんなり立ち上がっても2011はSnow LeopardのHDDで起こすことはできないということ。

それ以外にも色々と難関はあるものと思われます。そもそもボディのサイズが一緒だからといってCPUが違いグラフィックが違い、もともと光学ドライブを載せる設定のものとそうでない設定のもので基盤そのものが全く同じなわけではないはずで、やってみないことにはという部分が多々あります。

そもそも可能なのかどうかも定かではないですがチャレンジはしてみますので、次回以降で一連の作業をご紹介していこうと思います。


2012年8月15日水曜日

GeForceとQuadro

nVIDIAのGeForceとQuadroというのの説明はネットを調べれば色々と出てくるのですが、OpenCLだのOpenGLだのDirectXだのという単語で説明されます。

これが編集ビギナーには縁遠い話なので、というか、自分にもある意味全く関係のない話でもありますので、完全にPremiere Proでの編集に特化して説明します。

GeForceの方がある程度安価である程度のクオリティ、Quadroの方があり得ないぐらいまで高いものまであるというのは各パーツ店のサイトを見ればある程度わかることではないかと思います。

Quadroでも安いのは1万円台からありますが、PremiereでMercury Playback Engine対応とされている中でQuadro 6000とかは40万円台ですし、Mac用のQuadro FX 4800 は25万とか。安いQuadro 2000でも4万5000円程度。

それに比べてGeForceはというと、現状CS6で正式サポートの最上位GeForce GTX 580が3万5000円からあります。

では、Quadroの方が優秀なのか?といえばそうではなく得意分野が違うというだけで、Quadroは3Dに対して優秀です。ただGeForceが3Dに対応できないということもなくてQuadroが圧倒的と考える方が良いと思います。

しかし、Mercury Playback Engineのために必要なCudaの数を考えるとGeForceの方が多かったりします。

Quadro 2000でCudaは192基ですが、自分のGeForce GTX470は448基。

じゃあ、何も考えずにGeForceで良いじゃないかと思いますが、自分は今Quadroが欲しかったりします。

理由は描写性能、書き出し精度などではなく、消費電力の問題や発熱の問題です。

Quadro 2000は65W程度なのに対して自分のGeForce GTX470は215Wと比べ物になりません。

またQuadro 2000は1スロットで済むのですがGeForce GTX470だと2スロット占有となります。つまりでかいということです。

それに伴っての発熱も当然違うわけで、おとなしいPCにしたいなぁという願望があってQuadroが欲しいというのが現状です。

ただ、書き出し等が今よりも遅くなると考えると踏み込めなかったりも。具体的にどれぐらいの差になるのかは、自分のPCで試してみないことには正確にわかりませんが、とある外国のサイトで見つけたデータでは下記のようになります。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
テスト1
HP Computer with an AMD Phenom II X4 (quad core)
  • CPU running at 3.2 Ghz
  • 8 gigs of Ram
  • Single Samsung 7200 rpm SATA 3.0Gb/s hard drive
  • Windows 7 Home Edition
  • 1 Gig or more of DDR 5 on ALL video cards tested.
  • All tests were run with the MRQ (Maximum Render Quality) set to ON.
  • Each test was run 5 times in the GPU mode and then averaged together.
  • To measure the time, I used a stopwatch.
  • Tests with the Mercury Playback Engine in Software mode was run once.

  • Video Card# of Cuda CoresTime Line Render
    MPE GPU On
    Time Line Render
    MPE Software
    MPE GPU On
    Export to
    MPEG-2 DVD
    MPE Software Mode
    Export to
    MPEG-2 DVD
    GT-2409634.2 Seconds373 Seconds281 Seconds387 Seconds
    GT-4409633.3 Seconds373 Seconds275 Seconds387 Seconds
    GTX-47044831.6 Seconds373 Seconds230 Seconds387 Seconds
    GTX-545 14432.8 Seconds373 Seconds258 Seconds387 Seconds
    GTX-550 Ti19231.9 Seconds373 Seconds246 Seconds387 Seconds
    GTX-570 48031.5 Seconds373 Seconds193 Seconds387 Seconds
    GTX-680 153630.0 Seconds373 Seconds184 Seconds387 Seconds
    Quadro 200019232.5 Seconds373 Seconds257 Seconds387 Seconds
    Quadro 400025631.6 Seconds373 Seconds242 Seconds387 Seconds
    Note: the MPEG-2 DVD test above was run by using direct export, by selecting File, then Export and then Media. I used the following settings during the Export. Format = MPEG2-DVD, Preset = NTSC High Quality Widescreen, I then unchecked Export Audio and I unchecked Use Max Render Quality, Use Previews and Use Frame Blending.

    テスト2
    Intel I7-920 Quad Core
  • CPU running at 3.05 Ghz
  • 16 gigs of RAM
  • Dual Seagate 7200 rpm SATA 3.0 GB/s hard drives
  • Windows 7 Home Edition
  • 1 Gig or more of DDR 5 on ALL video cards tested.
  • All tests were run with the MRQ (Maximum Render Quality) set to ON.
  • Each test was run 3 times in the GPU mode and then averaged together.
  • To measure the time, I used a stopwatch.
  • Tests with the Mercury Playback Engine in Software mode was run once.


  • Video Card# of Cuda CoresTime Line Render
    MPE GPU On
    Time Line Render
    MPE Software
    MPE GPU On
    Export to
    MPEG-2 DVD
    MPE Software Mode
    Export to
    MPEG-2 DVD
    GT-2409611.5 Seconds114 Seconds181 Seconds176 Seconds
    GT-4409611.5 Seconds114 Seconds180 Seconds176 Seconds
    GTX-47044810 Seconds114 Seconds 98 Seconds176 Seconds
    GTX-545 14411 Seconds114 Seconds168 Seconds176 Seconds
    GTX-550 Ti19211 Seconds114 Seconds159 Seconds176 Seconds
    GTX-570 48010 Seconds114 Seconds97 Seconds176 Seconds
    GTX-680 15369 Seconds114 Seconds86 Seconds176 Seconds
    Quadro 200019211.5 Seconds114 Seconds166 Seconds176 Seconds
    Quadro 400025611 Seconds114 Seconds155 Seconds176 Seconds

    Note: the MPEG-2 DVD test above was run by using direct export, by selecting File, then Export and then Media. I used the following settings during the Export. Format = MPEG2-DVD, Preset = NTSC High Quality Widescreen, I then unchecked Export Audio and I unchecked Use Max Render Quality, Use Previews and Use Frame Blending.
    ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
    このデータのあるサイトは非常に親切にPremiere ProのMercury Playback Engineに関して解説してくれているのですが、英語なのでそれが嫌だという人には向かないかも?自分は相当参考にさせてもらっています。下記にURLを貼っておきます。


    ということですが、気になるのはQuadro 2000でのMPEG2 DVDへの書き出しの遅さ。逆に二世代前ではありますが、自分のGeForce GTX470というのは今の上位でもあるGTX680に対してCudaの数は1/4程度なのにも関わらず健闘していますし、一世代前のGeForce500番台とも変わらない程度。ただ、発熱とか電源の問題では負けるでしょうが。

    AMDのCPUではそんなに差が出ていないとうのも多少は気にはなりますが、全体としてあからさまにCore i7よりも遅いのは同じ4Coreであってもスレッド数の違いとかメモリの量の違いだろうと。しかも自分はCore i なのでAMDでの結果は関係ないですし。

    これを見ると、GTX470の熱と戦った方が良いように思えてしまっています。現状すでにケースファンを変えてはいますが、追加でCPUクーラーなども変えようかなと思ったりも。それだとQuadro 2000買うよりも1/20程度の値段ですし、自分が編集で欲しい能力としてはGeForceの方が上ですし。

    ちなみに、上記のグラフィックカードでGTX680、GTX550 Ti、GTX545、GT440、GT240というのはAdobeの正式サポート対象外。つまり、サポート外のものでもちゃんと使えるということです。


    Mercury Playback Engineについて

    今回以降、しばらくまとめてPremiere Pro用のグラフィックカードの選び方について書いていこうと思います。

    動画編集のパソコンをと考えたときに自分が最も調べるのに苦戦したのがグラフィックカードで、ゲーム用としての視点からの情報はネット上で見つかるのですが、動画編集用としてはあまりないものなので、自分の経験などに基づいて書いておくことにします。

    ※間違っている部分もあるかもしれませんが経験上という個の意見として参考になれば

    まず最初に説明するのは、Premiere Proの機能であるMercury Playback Engine。

    これが使える、使えないはグラフィックカードに依存していて、そのことで動画編集をするにあたって、2つのことが変わります。

    一つはリアルタイムでのレンダリング、つまりはエフェクトを掛けたときのレンダリングなしでの再生のスムーズさというかクオリティ。

    もう一つは最後にファイルに出力する際に掛かる時間とクオリティ。

    そのためにグラフィックカードを選ばなくてはならないのですが、前提としてnVIDIAのCudaというものに対応していること、1GB程度のVRAMを搭載していることが必要です。

    GeForce、Quadroともにこの条件をクリアしている商品はたくさんありますが、Adobeが正式にサポートしているのはかなり高価なグラフィックカードばかりです。

    では、それ以外では使えないか?といえばそうではないようで、ネットで検索すれば上記の条件をクリアしていれば、ちょっとしたPremiere Proのプログラム内のデータを書き換えることで対応するようです。

    自分の場合3D関連の動きを中心とした動画編集は行わないのでGeForceの方が値段とCudaの数で考えれば向いていますが、After Effectsなどを併用して使う場合はQuadroの方が向いています。

    これは元は同じものなのですが、GeForceとQuadroがそれぞれ別用途に特化して作られているためにそうなります。

    細かく説明するのは大変なのでGeForceとQuadroの違いは3Dをどれだけ使うかという部分だけでビギナーは十分だと思います。

    話を元に戻せば、Mercury Playback Engineで大いに助かるのは書き出しのスピードの方で、ソフトウェアエンコーディングよりもはるかに高速で書き出すことができます。

    数分のものを作るのであれば我慢できるものであっても、1時間とかのものとなればその差は歴然となります。

    リアルタイムプレビューの方は、CPUが優秀でメモリをしっかりと積んであればどうにかなります。自分のMacbook Airであってもプレビューの際にどうにかなっていますので。

    つまり、商用として細かな画質までを求められることはなく、また長い尺を作らない人であれば最悪グラフィックカードなしでもどうにかなるとも言えます。

    ただ、書き出しはCPUにかなりの負荷が掛かり発熱も大きくなるので、パソコン本体のことを考えれば、短時間で終わるに越したことはありません。


    2012年8月13日月曜日

    Macbook AirでのPremiere Elements不具合の原因

    先日の不具合の理由がようやくわかりました。

    理由はOSということ。Adobeのサイトに下記のことがMac OS X 10.7 Lion で確認されている問題として載っていました。

    ”Premiere Elements 9 では、タイムラインにクリップを配置(ドラッグ)すると、タイムライン上に存在しないクリップが表示されたり、タイムライン自体がカラフルになったりノイズが表示される場合があります。(2964018)”
    つまり、CPUやメモリなどのハード的な問題ではなく単にOSとソフトとの問題ということです。

    現在、Snow LeopardのMac miniにインストールしましたが、そちらで問題が起きてないというのがこの症状の裏付けですね。

    だったらElements10にすれば良い、もしくはBootcamp上のWindows7に入れれば良い、というのが自分にとっての解決策ですが、現在、Premiere ProをMacbook Airには入れてしまっていて、128GBしかないSSDにこれ以上編集ソフトを入れるというのは…という状況。

    実際、Core 2 DuoのMac miniでも普通に動いているのでMacbook AirでPremiere Elementsは問題なく動くだろうと予想はされますが、予想だけにとどめるのも?とも思ったり。

    仕事との兼ね合いになりますが、もうしばらくしたら各業務とPCの割り当てを確定させて、どの機種でどのソフトを試すのか最終決定しようと思います。

    かなり行ったり来たりですが、その辺をきっちりやらないと業務の方に問題が出てしまうので。。。

    2012年8月11日土曜日

    Macbook Air Bootcamp再び

    仕事の事情があって結局Macbook AirをBootcampにすることにしました。

    それにともなってソフト関連もインストールし直し。

    Macbook AirにPremiere Proをインストール。代わりにMac mini OSX 10.6 Sonw LeopardにPremiere Elementsを入れました。

    Macbook AirでPremiere Proを動かしてみたところ、編集そのものは問題なく動き、AVCHDのファイルでもストレスなく再生されました。

    が、ファイル書き出しは予想通り大変なことになり、1分の3D系のエフェクトを掛けたファイルを書き出すのに40分。。。

    1時間のものであれば実に2日近く掛かると。

    Premiere Proの場合、Mercury Playback EngineというGPUを使ってCPUをサポートする機能があるのですが、自分のメインPCですら、その機能をオフにすると約3倍程度書き出しに時間が掛かります。

    そのMercury Playback EngineはnVIDIAの限られた製品しか対応していないために、IntelのHDグラフィックではどうにもならないものです。

    ただ、自分の場合は、今回Macbook AirにPremiere Proを入れたのには訳があり、出先で他の人が編集したものを軽く加工し直したりという程度の軽作業を行える環境が必要になったということなので、その意味ではAVCHDでも普通に動いてくれればそれで問題ないということになります。

    編集のプロジェクトファイルを外付けに残してメインPCで立ち上げたり他の人のPCで立ち上げて書き出してもらえば良いので。

    書き出し、エンコードの類をMacbook Airにやらせなければそれで良いということになりますが、それが一般的か?と言えばそうでもないでしょうし、Macbook Airで編集となるとそこがネックになります。

    その改善策としてThunderboltからの外付けPCI-eのBOXがあり、そこにグラフィックカードなどを入れてということが可能ではありますが、それはそれで高価なものだったり。




    秋葉館 ¥ 39,800                     秋葉館 ¥ 72,800
    税抜き:¥ 37,905                       税抜き:¥ 69,333

    上記がその商品になりますが、このケース、グラフィックカード、それにMacbook Air 本体と買いそろえた場合、Macbook Proの良いやつを買えてしまうというぐらいになります。

    自分は個人的には興味あるグッズではありますが。。。

    普通なら編集は無理だろう…というものであえて果敢にチャレンジすることに美学を感じるならば、思い切ってこういうものとMacbook Airを組み合わせるのも良いかなと思いますが、お勧めとは言えませんね。

    もちろん、Macbook ProやMac miniにこの商品をということも可能ですので、そういう方法もなきにしもあらずというところでしょうか。

    ―追記―
    英語のサイトで確認してみたらグラフィックカードは正式にサポートしてない模様です。ただ、動くという外国の方の個人の記載はありましたが。ちなみにビデオキャプチャのカードなどは動くそうです。

    2012年8月10日金曜日

    PowerDirector 10とVideoStudio Pro X5 無料体験版#2「取り込み」

    いざインストールが終わって、HC−9というSONYのHDVカメラから取り込みを行うことに。

    PowerDVDはすんなり取り込みできたのですが、VideoStudioは「応答なし」に何度も陥り最終的にはソフトがシャットダウン。

    Premiere Proでも普通に動くPCでそれはないだろうと言いたくなる状況でした。

    そもそも、編集以前の問題として、自分のように別の編集ソフトを持っていて取り込みでも変換でも、どうにでもできる人ならばまだしも、それ一本でと考えたらあってはいけないことです。

    ただ、これが自分のPCとの相性、Premiere Proと何らかが競合しているという可能性がないとは言いません。

    ですから、とにかくまずは無料体験版を使ってみて個々のPCで動くものかどうかをきっちりと自分自身で検証してみてというのは大事なことです。

    その後、簡単な編集作業、特に重たいエフェクトを掛けてという作業をどちらのソフトでもしてみましたが、全体的にPowerDVDの方が軽めに感じました。

    実作業に関しては、全く同じ作業を両方で行ってみて、改めて情報をアップしようと思います。

    2012年8月9日木曜日

    PowerDirector 10とVideoStudio Pro X5 無料体験版#1「インストール」

    以下の構成である編集用メインPCにPowerdirector、VideoStudioともに無料体験版をインストールしてみました。



    CPU Core i7 2600
    メモリ 16GB
    グラフィック GeForece GTX 470
    OS  Windows7 Home Premium 64bit

    日頃Premiere Proを普通に使っているPCなので、重さなどよりも使用感、インターフェイスなんかについてやろうと思ってたのですが、インストールから取り込みまでの間で結構差が出たので書くことにしました。

    ということで、今回は無料体験版インストールまでの簡単な手順です。

    まず、PowerDirectorですが、インストール段階で早速メールアドレスを入れなくてはならないと。これに対してVideoStudioの方はそのままダウンロード可能。

    また、PowerDirectorはいったん落として来たファイルからさらにダウンロードが必要なのに対してVideoStudioは一度ダウンロードしてきたファイルからそのままインストール可能。

    ここまでだけならVideoStudioの方が楽ということになります。

    が、そこから先は全く逆転。PowerDirectorの方が良い感じです。

    ダウンロードしてきたファイルからソフトをインストールする際に、PowerDirectorは外付けのUSBフラッシュメモリにインストール可能でしたが、VideoStudioは最後の段階で「重大なエラーが〜」みたいなメッセージが出てできず。理由を探すのが面倒だったので、Cドライブにインストールし直し。

    PowerDirectorは音声関連も一緒にソフトに入っているのに対してVideoStudioはこの段階でメール登録を行って、そこに届いたURLから音声関連の外国語ソフトウェアのインストールが必要。

    まあ、どちらも登録しなきゃ無料版使えないというのは同じことですが、あとから登録の方が気分的には良くないです。どうせ要るなら最初からの方がすっきりみたいな。

    どちらも30日間という使用期限で、メールでのお知らせなどは拒否可能。

    外付けUSBフラッシュメモリにVideoStudioがインストールできなかった以外は何てことない普通の作業です。

    以下バナーからそれぞれのサイトに行けば無料体験版があります。

    サイバーリンク
    ※リンク先の画面下中央に無料体験版ダウンロードがあります


    VideoStudio Pro X5
    ※リンク先の画面中央に無料体験版ダウンロードがあります

    2012年8月8日水曜日

    movからAVCHDへの変換

    movの動画ファイルを預かったのですがPremiere Proだと「Codecがないか、使用できません」というエラーメッセージが出てしまいました。

    QuickTime関連の問題だと思うのですが調べるのが面倒だったので、Macbook Airに入れてあるPremiere Elementsで試したら一発で読み込んでくれました。

    なので、Plemiere Elementsの方でmovファイルをAVCHDに一度変換してからPremiere Proに読み込んで、さらにAVCHDをF4V HDに変換して書き出しました。

    この動画は仕事で「むさしのアーカイブ」という街の歴史を映像で残すということをやっているものなので、最終目的がYoutubeへのアップ。

    FLVでもその他ファイルでも良いのですが、一応F4V HDで統一していますのでそれに変換を行っています。

    Premiere Proの場合、そういった各種ファイル形式の数、また各形式内での細かなファイルサイズ設定などが多彩で楽なのですが、Premiere Elementsだと限られてしまうのでそのあたりは若干面倒です。

    Macbook AirというよりもMacでPremiere Elementsでの編集というのに先日問題が発生しましたが、こういうときには使いやすかったり?ですね。

    まあ、それ以前にちゃんとPremiere Proの方の設定を確認しておかないと、という問題でもありますが。。。

    ちなみに、その動画は#2で、#1とともに下記サイトに埋め込んであります。

    http://www.tesseract.co.jp/theater/musashino-archive-theater2.html

    コンセプトとしては、今後、学生さんなど含めて一般からの映像提供なども一緒に入れて街の財産を残せたらと思っていますので、ナレーションや楽曲などは入れていません。

    あまりハードルを高くせずに誰もが見れて誰もが作れて、そういうものにできたら良いなと思っています。

    2012年8月7日火曜日

    PowerDVDとWinDVD

    ある意味、永遠のテーマ?でしょうか。

    私は、昔はWinDVDを使っていて今はPowerDVDを使っています。

    その理由はすごく単純で、最初のころSONYのVAIOを持っていたころはWinDVDが最初から入っていて、DELL、HPはPowerDVDが入っていると。

    あわせて、現在別売で買った内蔵BDプレやーに同梱されていたのがPowerDVDのBDエディションであったということも。

    実際、どちらかでないと、という程の決定的な差はなくて、だからみんな迷うということではないかと思っています。ついでにどちらも完璧に満足などできるわけでもなく。

    そこで、このブログでは、これから両メーカー、CyberLinkとCORELの動画編集ソフトの無料体験版を実験しようと思っているので、その他のソフトまで含めてどちらの方が使い勝手が良いのかというのをやってみようと思っています。

    たぶんですが、たとえば動画編集ソフトとしてPowerDirectorの方が使いやすければ同じメーカーであるCyberLinkのものを、ライティングソフトとしてMovieWriter の方が使いやすければCORELのものをみたいに同じメーカーで揃えてしまった方が楽だと思いますので。

    あくまでも個人の感想という域を超えませんし、細かな画質の検証などすることもありませんが、ひとまず下記のものを無料体験版で比較してみたいと思っています。

    PowerDirector 10 v.s. VideoStudio Pro X5
    PowerDVD 12 v.s.  WinDVD Pro 11
    Power2GO 8 v.s.  MovieWriter Ultimate 2010

    意外にPremiere Elementsよりも使いやすかったら今後を少し考えないといけないかなとも思ってます。もちろん、自分の業務用としてPremiere Proを使うというのは変わりませんが、対一般に動画のワークショップ等を今後行うに際して使用するソフトの選定という意味では結構重要な実験な気がしています。

    2012年8月4日土曜日

    ウルトラブックでの編集

    デカ薄ウルトラで毎日が変わる!
    HPのUltrabook(TM) (ウルトラブック)は速くて薄い!

    5日までのキャンペーン icon というのを発見しました。

    HP ENVY4-1000というのなのですが
    簡易スペック
    OS
    プロセッサー インテル® Core™ i5-3317U プロセッサー
    カラー ブラック/レッド
    ディスプレイ 14.0インチワイドHDウルトラクリアビュー・ディスプレイ
    メモリ 4GB (最大 4GB)
    ストレージ 32GB SSD (mSATA)+ 500GB ハードドライブ
    バッテリ駆動時間 約7時間30分
    USBポート USB3.0×2、USB2.0×1 (電源オフUSBチャージ機能対応)
    というもの。
    このPCの最高スペックのものはプリセットでPremiere Elements10とPhotoshop Elements10が入っています。

    その構成はというと
    HP ENVY14-3100 SPECTRE 簡易スペック
    OS
    プロセッサー インテル® Core™ i7-3667U プロセッサー
    カラー ブラック/ホワイトシルバー
    ディスプレイ 14.0インチワイドHD+ラディエンス・ディスプレイ
    メモリ 8GB (最大 8GB)
    ストレージ 256GB SSD (128GB SSD×2)
    バッテリ駆動時間 約9時間45分
    USBポート USB3.0ポート×1 (電源オフUSBチャージ機能対応)
    USB2.0ポート×1 (電源オフUSBチャージ機能対応)


    つまり、Core i7と8GBのメモリがあればウルトラブックでの編集は可能だとHPは保障しているいうこと?

    同じくHPのキャンペーン iconですが、このあたりのノートでもたぶん編集可能ですし、編集しやすい大画面も icon安くなっているようです。

    8312:00(正午)から523:59(深夜)までだけの 週末限定キャンペーンだそうで下記がその内容。
    HP Pavilion dv7-6c00 /CT 週末限定キャンペーンモデル
       ・8GB (4096MB×2) へのアップグレードが無料!!
       ・2TB ハードドライブ (5,400回転 1TB x2)へのアップグレードが無料!!
       ・Windows(R) 7 Home Premium 正規版 SP1用リカバリメディアが無料!!
    通常アップグレードより¥14,595(税込)もお得!
    さらに配送料¥3,150(税込)無料!
    <最小構成>
    インテル(R) Core(TM) i5-2450M プロセッサー
    Windows(R) 7 Home Premium 64bit Service Pack 1
    17.3インチワイドフルHD非光沢・ディスプレイ
    ブルーレイROMドライブ(DVDスーパーマルチドライブ機能搭載)
    グラフィックス:AMD Radeon HD 7470M (1GB GDDR5)
     <最小構成価格>68,880 (税込) から

    HP Pavilion dv6-7000/CT デュアルコア・プロセッサー
    [標準構成]
       ・インテル(R) Core(TM) i5 -3210M プロセッサー/インテル(R)ターボ・ブースト・テクノロジー2.0対応
       ・2GBメモリ ・320GB HDD
    ──────────────────────────────
    【各200台限定】以下が半額
    4GBメモリ(4GBx1) 通常価格 3,150 半額 1,575
    8GBメモリ(4GBx2) 通常価格 8,400 半額 4,200
    16GBメモリ(8GBx2) 通常価格 17,850 半額 8,925 ──────────────────────────────
     HP Directplus価格>¥57,750(税込)から

    とりあえずIntel HDグラフィック4000ならば自分が使っているMacbook AirのHD3000よりも上に決まってますから、そのクラスであればPremiere Elementsを動かすグラフィックとしては性能的に事足りているものと思われます。

    現状、Macbook AirにPremiere Elementsを入れて使ってみて問題が発生してますが、Windowsで64bitネイティブで対応させれば結果は大いに違うような気がします。

    もう少しMacのまま使ってみて調べますが、どうにもならないようであれば、Windows7のOSを再度購入して先日やめたBootcamp化を改めてMacbook Airでやり直して実験してみようかなと思います。

    合わせて、昨日Mac miniにPremiere Proを入れてみました。これはBootcampになっているWindows7に入れたのですが、単なる編集だけでなく3D系の簡単なエフェクトぐらいだったら普通にストレスなく編集できました。

    ただ、Core 2 DuoのP8600というCPUでしかないので限界はあると思います。特に書き出し、エンコードに関して言うならば、実尺の3倍以上に掛かってました。

    でも、Mac miniで編集ができるならば、本体価格を考えればElementsではなくProを導入できるだけの予算組みになったりも?と思うので、そちらも実験してみようと思っています。

    HPは今週末、デスクトップも限定台数でお買い得のようです。 icon
    85日まで旧モデル在庫処分 CPU・メモリ半額キャンペーン
    【各200台限定】以下が半額
    インテル(R) Core(TM) i5-3450S 通常価格 7,350 半額 3,675
    インテル(R) Core(TM) i7-3770S 通常価格 15,750 半額 7,875
    4GBメモリ 通常価格 8,400 半額 4,200
    8GBメモリ 通常価格 13,650 半額 6,825
    ──────────────────────────────
    HP Directplus価格>¥49,980(税込)から

    実際のところWindowsだろうがMacだろうが自身が使いやすいものであれば良いだろうと思ってます。

    ただ、編集ソフトで考えた場合、MacはFinal Cutという選択肢しかないのに対してWindowsの方がPremiereに限らずEdiusであるとかその他一般ユーザー用の製品まで含めて豊富なので選びやすいのかなと思ったりします。